めっき技能士



めっき技能士

電気メッキ作業や溶酸亜鉛メッキ作業など、
メッキ作業をおこなうのに必要な技能。

(試験内容)

・めっき(電気めっき作業)

1級 :

鋼板にニッケル・クロムめっきをする。
鋼板に亜鉛めっき・クロメート処理を行う。
不調めっき液を分析調節し、ハルセルテストを行う。
試験時間=2時間40分

2級 :

鋼板にニッケル・クロムめっきをする。
鋼板に亜鉛めっき・クロメート処理を行う。
酸及びアルカリの中和滴定を行う。
試験時間=1時間55分

3級:

めっき電流の計算、ニッケルめっき浴の
pHの測定及び鋼板へのニッケルめっき作業を行う。
試験時間=35分

・めっき(溶融亜鉛めっき作業)

1級:

遊離塩酸濃度の測定及び指定の濃度にするための
塩酸補給量の算出を行う。
試験時間=30分

試験片の溶融亜鉛めっき処理、付着量の制御、
直接法での付着量測定及び付着量グラフの作成を行う。
試験時間=1時間15分

間接法による付着量試験、膜厚測定及び密着性試験を行う。
試験時間=1時間15分


2級:

フラックス液の比重測定及びその濃度の算出を行う。
試験時間=30分

試験片の溶融亜鉛めっき処理
及び直接法での付着量測定を行う。
試験時間=1時間15分

見本試験片の判定及び製品の仕上げを行う。
試験時間=4分及び40分

(Wikipediaより)

学科:

特級/工程管理等。
1級・2級・3級/めっき一般等。
選択科目/電気めっき作業等 (基礎1級・基礎2級もあり)

実技:

特級/作業管理等。
1級・2級・3級/電気めっき作業/研磨等。
溶酸亜鉛めっき処理等。

■技能士についてのお問い合わせは、

中央職業能力開発協会 か、各都道府県の職業能力開発協会、

トップページまで。


posted by さくらこ at 11:12 | TrackBack(0) | 技能士

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。