ロープ加工




◆ロープ加工

ロープを加工するのに必要な技能。

(学科試験内容)

1. ロープ一般

・ロープの種類、特徴及び用途
・ロープ及び素線の機械的性質
・ロープ用材料の種類、性質及び用途
・ロープの取扱い、保守及び検査の方法

2. ロープ加工法

・ロープ加工に使用する機械・器工具の種類及び使用方法
・ロープ加工の種類及び方法
・ロープ加工品の種類及び特徴
・加工用材料の種類、特徴及び用途
・品質管理

3. ロープ及びロープ用材料に関する日本工業規格

4. 関係法規

建築基準法関係法令    
道路運送車両法関係法令
船舶安全法関係法令

 のうちロープに関する部分   

5. 安全衛生

  安全衛星に関する詳細な知識
 (労働安全衛生法関係法令を含む)

学科:

1級・2級/ロープ一般等、ロープ加工法、材料、
      材料力学、関係法規、安全衛生。

実技:

ロープ加工/作業指示書の作成、原寸図の作成、
      ロープ加工、積算。

■技能士についてのお問い合わせは、

中央職業能力開発協会 か、各都道府県の職業能力開発協会、

トップページまで


posted by さくらこ at 10:13 | TrackBack(0) | 技能士
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80508807

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。