和裁



◆ 和裁

裁断から縫製、仕上げまで、和裁の仕立てに必要な技能

受験資格: 原則として実務経験が必要

     必要とされる実務経験年数は、学歴や
     職業訓練歴などにより異なる。
     3級と2級は、和裁に関する学歴や職業訓練歴が
     あれば受検できる。

学び方: 専修学校、大学、短大など

     大学、短大、厚生労働大臣指定の専修学校
     ・各種学校などで和裁に関する学科で学ぶ、
     または職業訓練校で和裁の職業訓練を受ける。

取得期間の目安: 6カ月以上

     所定の学歴や職業訓練歴を持たない場合、
     3級受検には6カ月以上の実務経験が必要。
     2級は2年以上、1級は7年以上の実務経験が必要。

受験費用: 1万8800円程度

     実技試験1万5700円程度、学科試験3100円程度と、
     各都道府県において定められている。

試験時期: 実技:11月下旬〜2月中旬、学科:2月中旬

      実技試験の試験期日は各都道府県で異なる。
      実施公示は9月上旬で、9月下旬〜10月上旬に
      受検申請受付。
 
   合格発表は3月中旬。


学科:1級・2級・3級/和裁製作法、材料、和服一般、
            服装美学一般、安全衛生。

実技:和服製作作業/採寸、裁断、手縫い
   またはミシン縫いによる縫製作業、仕上げ。


■技能士についてのお問い合わせは、

中央職業能力開発協会 か、各都道府県の職業能力開発協会、

トップページまで


posted by さくらこ at 09:00 | TrackBack(0) | 技能士

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。